Simple & Peaceful

東京からロサンゼルスへ、暮らし、旅、食にまつわる日々のメモ

市民権のテスト

こんにちは。

 

旦那さんがアメリカ市民権のテストに行ってきたので、どんな様子だったかを記録します。

 

まず11時のアポイントメントでしたが、10時10分にパーキングに到着。ダウンタウンのフリーウェイ出口を間違え、何度もぐるぐる一方通行を通り、やっと目的地に到着しました。

 

オフィスの目の前のパーキングに停めて、忘れ物はないか確認。

 

建物に着くと、多くの人が並んでいました。念の為、「市民権のインタビューに来たんだけど。」と尋ねると、セキュリティの人が奥の出口へ連れて行ってくれ、ほとんど並ばずすんなり入る事ができました。

 

ペーパーに書いてある階へ行くと、既に多くの人が並んでいて、トイレを済ませてから列に並びます。

 

この時、弁護士を連れているカップルがいて、この弁護士がうるさいのなんの。。。こっちはCivic testの復習をしているのに。

 

チェックイン後、一番奥の部屋にて待つと、アジア人の若いオフィサーに呼ばれました。(良かったー、怖そうじゃない)と思いつつ、部屋へ入り右手を上げ、真実を言うと誓います。

 

すぐテストが始まりました。

 

口頭テスト:

-What does the freedom of religion mean? Practice any religion or not to practice a religion.

-One of the two longest river in the US? Mississippi

-Who was the president during WW1? Wilson

-What states borders with Canada? Montana

-Why are there 13 stripes on flag? There were 13 original colonies.

-How many amendments are there? 27

筆記:
Alaska is the largest state.

 

以上。

 

この後、アプリケーションで間違えていた部分を訂正して、宣誓式のスケジュールをもらって帰りました。

f:id:simpleandpeaceful:20210527062947j:image 

f:id:simpleandpeaceful:20210527063215j:image

 

楽観ラーメンを食べてから帰るとき、「The star spangled banner」を聞いたのですが、The land of the freeの歌詞で、ここ10年の苦労が思い出され、つい涙が溢れました。