Simple & Peaceful

東京からロサンゼルスへ、暮らし、旅、食にまつわる日々のメモ

NMNという長寿サプリメントについて思うこと

こんにちは。

 

今日は、最近知ったサプリメントについて。

 

 細胞の老化について調べていた時、Youtubeでハーバード大学のDr.David Sinclairについてのビデオを見つけました。老化についてお話しされていたので、興味を持って見ていたら面白くて止まらなくなっていくつか動画を拝見。

 

https://youtu.be/qkdWQ_46zvs

 

 教授自身が飲んでいるというNMNとResveratolという物質に興味を引かれました。Resveratolというのは、サーチュイン遺伝子を活性化するアクセルの様なものでnmnはその燃料らしいです。

NMN + Resveratrol: 1 g of NMN and 0.5 g of resveratrol every morning mixed in with some yogurt

 

Elysium Basis: NR/pterostilbene Combo, NR is a smaller variant of NMN that has been shown to be better at entering cells.

Thorne ResveraCel: 300mg NMN + 150mg Resveratrol + 250mg Quecitin

 

もちろんサプリメントだけでなく食生活も気をつけていらっしゃる様で、18時間の空腹を設けるIntermittent fastingをされているそうです。小食は体の回復を助けるのでいいですね。

朝はヨーグルト、昼は食べないか軽くサラダ🥗、夜は普通に食べるそうです。面白いのがお父さまも同じ生活だそう。

 

私もIntermmittent fastingにチャレンジした事があるのですが、午前中血糖値が低いとやる気がでない、さらに夜たくさん食べると胃もたれするので、10時から4時の食事時間を今行っています。

朝10時: 野菜ジュース(サプリメント)、サラダ、味噌汁

間食: 抹茶ラテ(豆乳、デーツシロップ)

午後4時: 酵素玄米、豆腐入り味噌汁、糠漬け、魚

 

 まあ人間なので、どうしてもこれが食べたいと思うものがある時はそれを食べたりする様にしていますが、できるだけ赤身肉、卵、乳製品、グルテンは排除する様にしています。これはIgEというアレルギー検査をやって卵がダメとわかったのでやっていますが、個人で体質は違うのでそこは各自の判断に寄るかと思います。

 

 サプリメントも威力が強力なら、その反動ももちろん考えないといけないと思っています。人間が老いると同時に減少する物質は、理由があるから減少している訳で、それをガバガバサプリで補給していいとは思いません。

 

 それを踏まえて、理論を把握した上で一度自分の体で試してみるのも良いかもしれません。体も慣れが必要なので、規定よりだいぶ少量から始めるのがいいんじゃないでしょうか?

長年悩まされた肝斑が本当に消えてきた アメリカのオンラインサブスクサービスMusely

こんにちは。

 

長年肝斑のシミに悩まされて来ました。レーザーに行って、$1500以上使っても結局は戻ってくる肝斑。。。鏡を見る度になんだか女の旬が終わってしまったかのような気持ちになって、だったらスキンケアなんてどうでもいいやと思うこともありました。

 

よく広告で見る、これで肝斑が消えた!なんていうのを見つつもなんだかうそくさいなあという印象が先行して、特に何もしない日々。

 

そんな時、インスタグラムで上がってきた広告の一つをなぜかクリックして見つけたのがMuselyでした。気になった点は、アジア人の皮膚科の医師がオンラインで処方箋を書いてくれる肝斑ケアということ。

 

アプリで正面、右、左の写真を送って、実際のドクターが処方箋を書いてくれます。いわばオンライン皮膚科。いくつか質問に答え、Dark Spot Creamというクリームを処方してもらいました。

 

郵便で受け取ったクリームを使い始めると、翌日からなんとなーく効果を実感。同時に肌が赤くなっているのを確認しました。一部のレビューを見ると、これをネガティブな点として書いている人もいました。自分の意見としては、これまでレーザーなどもやってきてこれくらいの赤みだったら痛みもないから気にならない程度。

 

今現在、2週間程度使用を続けています。うーっすらとしか消えてはいませんが、分かるのはコンシーラを塗った時完全に染みが隠れているー!!これだけでもとても嬉しい。あと、手の甲にも現れていた染みにも塗っています。薄くなっている気も。

 

肝斑ケアは、飲み薬を一緒に処方されるのが気になっていました。飲み薬は全身にまわるので、副作用もある。でもクリームは局所的なので、できればクリームの肝斑対策がいいなあと思っていたところ、このサービスを見つけました。継続して使用してみようと思います。

 

Musely FaceRx | Prescription Anti-Aging Made Simple | Start Your Online Visit Today

 

耳垢とりの救世主 カメラ付き耳掻き

こんにちは。

 

こんな便利なものがあったとは、と驚愕した一品。カメラ付き耳垢とりです。

チャージをして、Wi-Fiで繋ぐとスマホで耳の様子を見ながら掃除をできます。少し見えにくい場所はありますが、初めて見る自分の耳の構造に驚きました。ピンポイントで掃除ができ、本当に大満足です。

 

まさにepiphanyを感じました。

 

 

 

冬のサンタモニカビーチ サーファーがたくさんいました。

こんにちは。

 

サンタモニカビーチへ行って来ました。最初は公園で遊ぶ予定だったのですが、暖かい日だったこともあって人が大勢。。。それに気後れした娘っ子さんはビーチに行きたがり予定変更。

 

f:id:simpleandpeaceful:20210208110828j:image
f:id:simpleandpeaceful:20210208110833j:image

 

ビーチでは、距離を保った状態でピクニックをしているグループや、サーフィンのレッスンを受けている人達などが。

 

f:id:simpleandpeaceful:20210208110929j:image

一番驚いたのは、砂浜で行うBeach Cycle。海を見ながらエクササイズって気持ち良さそうです。でも、ビーチに並ぶスピンバイクが少しシュール。

 

f:id:simpleandpeaceful:20210208110953j:image

 

サーフィンのレッスンを受けた人達が、上手に波に乗れた様子なんかを見ながら、ポカポカした日差しを楽しみました。

 

この日は少し鼻風邪気味だったのですが、ビーチへ行って、お昼寝したらすっかり治りました。

発想の転換 家でメンマを作る

こんにちは。

 

カレーに入れようと思って買っていた筍の缶詰を見ていて思いつきました。

f:id:simpleandpeaceful:20210208105734j:image

これでメンマが作れるのではないか?

 

クックパッドですぐ出てきたレシピでは、しょうゆ、ごま油、ホイシンソース、ラー油を各大さじ一杯混ぜて、レンジで3分。

 

f:id:simpleandpeaceful:20210208105747j:image

出来たー!!味はまんまメンマです。

 

海外でメンマを買うと一袋3ドル近くしてアホらしくて買っていなかったのですが、これで嫌と言うほどメンマが食べられそうです。

 

ドタバタな一週間、自分を持ち直す努力

こんにちは。

 

ドタバタな一週間が過ぎて心が少し落ち着いて来ました。最近はほんとうに身近な友人や家族の支えに感謝する日々です。

 

自分のケアをつい怠ってしまい、イライラしたり日本とずっと電話をしたりして、自分の家族へ迷惑をかけたりもしました。いつもの悪い癖で自分を責めたり、リラックスなんてしちゃいけないと言い聞かせ続けましたが、知り合いのお婆ちゃんからアドバイス。とにかく休みなさいと。あなたが倒れたらどうするの!と叱咤激励されました。ありがとう、ばあちゃん。

 

心が弱くなると、いろいろな事がネガティヴな眼鏡を通してしか見えなくて、ますます自信を減らす事になります。普段できていた事が急に自信がなくてできない様になってしまったり。

 

今はちょっと美味しいものを食べて、くつろぐ様にしています。ここ最近食べたものとしては、ハンバーグ、エビフライ、アジフライやローストビーフサンドイッチなど。。。太りそうなものばかり。(笑) 一応18時間断食のスケジュールで、一日6時間以内の食事にしていますが、食べ過ぎだわ。しかし、こんなにいろいろな日本の物が食べられるロサンゼルス、本当にすごいです。

父が脳出血で倒れました。海外在住の娘ができること

こんにちは。

 

2021年新年明けて、父親が脳出血で倒れました。

プールで泳いでいた直後に、ろれつが回らなくなってそのまま水の中へ。

幸いコーチや周りの方もいたので、倒れてから30分以内に救急病院へ搬送されました。

 

今は意識は戻っているそうですが、右半身は麻痺で言葉を話すのは恐らく難しいだろうと言われています。今はICUで、これから病棟に移りますが、その後リハビリの病院で数ヶ月入院です。

 

青天の霹靂とはこの事かと思うほど、急で正直心が追いついていないのが現状です。日本にいる兄弟が母の付き添いをしてくれたり、実家にあった必要ないものなどをゴミ袋25袋分も片付けてくれて有り難いです。大型家具(桐ダンス、座卓、ソファなど)は車椅子や介護ベッドの為に捨てる事になると思います。

 

歳をとったらミニマリズムは必須ですね。セルフネグレクトなどが起こって家中散らかる可能性もある訳ですし。

 

ひとまず、介護に関わる本やYoutubeなどで申請する介護保険や、保険の内容を調べました。海外在住の娘ができることは、フィジカルワークではなくデスクワークだと思います。母も夜眠れないことが続いているので心療内科へ予約をとりました。この際、実家の近くにあるいい心療内科へスカイプアウトで電話をして、予約可能か問い合わせました。昨今心療内科の予約が本当にとりにくく、2ヶ月待ちもざらだと言うことを知りませんでした。

 

あとは、実家のデジタル化。

  • 見守りカメラ
  • グーグルネスト(音声認識機能で調べ物)
  • ホットクックで手間を省く
  • パルシステムで買い物へ行く時間の短縮  
  • セコムの見守り
  • Google Hub Maxでモニター等があります。

これから母にとっては、大きな乳児を育てるのと同じだと思います。お金があったら乾燥機付き洗濯機を買ってあげたい。あと、実家の作りがほぼ平屋だったのは助かりました。介護保険認定が降りたらスロープ等をつけようと思います。さらに、ベッドも借りる事ができるということを知らなかったです。

 

これら一つひとつを、退院までに完了させておく必要があります。

 

私自身も、すぐにセラピストに連絡をしてセッションをしてもらいました。海外にいる罪悪感、無力感、コロナで感染させられない状況、最悪なことを常に想定してしまう事、自分のせいではないかと自分を責めてしまう事、休めない事等を話しました。自分のコントロールの範囲内ではないこと、ブレインロックを外すことを言われました。いいことがあると悪いことが起きるんじゃないかと思ってみたりすることは、一重にそういうブレインロックがかかっていて、実際に証拠は?と言われると答えられないことがほとんどです。自分で自分に暗示をかけているんですね。これは、自分の人生を大きく狂わせる元凶です。In-Networkの精神科医にも連絡をして、処方箋を出してもらいました。

 

以前、西野さんが鬱を回避する方法という内容で話していたのですが、毎日少しでもいいから前に進んでいるという実感を持つとお話されていたんですね。このアイデアは助けられました。少しでも、ささいでも前進しているのならそれを良しとすること。これは、大きな思考の転換です。

 

ひとまず今は、時差をいかして、夜眠れない母とLINEを繋げたりして精神面のサポートを心がけています。

 

あと、かけがえがないのが友人の温かいサポートです。数人の友人がたまたま連絡をくれた人も含め内容を聞いてくれ、励ましてくれました。本当に心強かったです。人とのつながりは何にも代えがたいものと感謝の心でいっぱいです。